Profile:表現家 NAOYA

********************************************

表現家 NAOYA(川崎尚哉)

********************************************

 

1971年生まれ

幼少期は「人とは違う表現」を好むお調子者だった

しかしながら、小学校~中学校にイジメを体験し“心の病”になる

その頃から自分が思っていることを表に現しなくなり

大人しい「いい子」へと変わって行く

 

そんな「偽りの自分」からの転機は「演劇」という世界と出逢ったこと

舞台上で心の底から表現することを思い出し

「俺、生きている!」を身体全身で実感する

 

しかしながら

「このまま続けても先が見えない」

そんな思い込みから

十数年続けた演技の世界を休むことを選択

「大いなる嘘つき者」になる選択をした

 

心の奥には常に表現したい想いがあるけれど

それを表に出すことなく「いい子」という役を演じながら

周囲に合わせ無難に生きてきた

 

しかし

こどもが生まれた時

「今の自分が本当に子どもに見せたい自分の姿か?」と問うた瞬間

 

NO

 

胸を張って「これが自分だ!」って言えなかった

********************************************

それから自分の在り方や習慣を改め

ワークショップやスクールの開催を通し独立

現在では、コーチングや講師、スクールの運営を活動の中心とし活動

他方では

一般社団法人を設立し、障がい者を含む多くの仲間と楽しい世界を創る為に

イベントの開催やプロデュース、番組制作もしている

********************************************

略 歴

映画専門学校を卒業後

海外で演技を学びたいという想いから2年間日本を離れる

 

帰国後、奈良橋陽子氏設立 UPSアカデミーへ1期生として入学

ストラスバーグ、チェイホフ、アレキサンダーテクニーク等、

メソッドアクティングを中心に即興演劇も含めた演技の基礎と学び、3年の基礎訓練を経て卒業

その後、舞台を中心にプロとして活動 

尊敬していた先輩と共に“舞踏”の要素を取りいれた新しいカタチの演技で舞台に立つ

 

2012年 産業カウンセラー取得後 カウンセラーとして活動

2013年 役員として株式会社を創立 チームビルディングを経験

2014年 i-STAGE設立 『障がい者と共に笑える世界を創造したい』という想いから、

イベント、ワークショップを数多く開催 また番組制作も行う

2015年 一般社団法人i-STAGEとして再スタート 

活動の幅を、起業向け研修や講師、スクール事業にまで広げる

********************************************

現在

「演劇」を通じた“本気の繋がり”で、ユニバーサルコミュニケーション、

自己表現、ダイバーシティ・チームビルディングを伝えている

お名前
メールアドレス
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容